地域のプレイヤー

地域のプレイヤー

【ニューノーマル時代の働き方】私たちは会社に行く必要があるのか|安川幸男

オフィスからの解放  新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークやリモートワークへの移行が半ば強制的に迫られ、オンライン会議のような光景があらゆる経済活動で日常化されてきた。   緊急対応から「新常態(ニューノーマ […]

地域のプレイヤー

コロナ時代の教育現場〜アフターコロナに残すべきものとは?〜|大山力也

 こんにちは、鳥取城北高校地域コーディネーターの大山です。  アジアに端を発する新型コロナウイルスの拡大が止まらない。日本の学校業界はかつてないほどの荒波に襲われている。生徒やその先にいる人々の健康に配慮して全国的に休校 […]

地域のプレイヤー

文学から読み解く「アフターコロナの世界観」|安川幸男

14世紀あるいは2020年  僕たちは現在(いま)、危機的な状況に置かれている。解ってはいるが、疫病のリアリティを鋭い触覚で触れるというよりは、「メディア空間に漂う無数の言説に感染する」という意味で、少々食傷気味に日々デ […]

地域のプレイヤー

自分達の足を守るために考えるべきこととは?|木田悟史

路線バスの維持における税負担  鳥取県のような人口減少地域において、真っ先に上げられるのは地域交通に関する課題だ。実際に鳥取市が公表している令和元年度「鳥取市民アンケート調査報告書」によると、住民が満足しておらず、かつ施 […]

地域のプレイヤー

コロナ後を見据えた医療のあり方|木田悟史

コロナウイルス蔓延に揺れる我々  今回のコロナウイルス蔓延によって、地域医療の課題が改めて浮き彫りにされた。イタリアでは、厳しい財政事情により医療施設や医師、看護士等のダウンサイズが行われた結果、ウィルスの感染拡大により […]